フタバ紙器

ダンボールの歴史

ダンボールはイギリスで、1856年、エドワード・チャールズ・ヒーレイとエドワード・エリス・アレンの2人によって生まれました。その当時は包装材としてではなく、シルクハットの通風用、汗取り用として使われていたそうです。

1870年代になってガラス瓶やランプのホヤをくるむ内装用緩衝材として用いられるようになり、その後外装用にも用いられるようになりました。

日本では明治42年(1909年)に井上貞治郎氏の手により国産化に成功しました。

綿繰り機を応用してボール紙に多くのをつけることに製造成功し、この時に「ダンボール」と命名されました。

[ 豆知識一覧に戻る ]

page topへ